雨不足でピンチ 止々呂美のナタネ苗

  2007年11月30日 止々呂美

苗床で育てたナタネ苗、11月18日と23日に畑全体(20アール)に移植しましたが・・・ ほとんど雨が降らない天気で畑はカラっから。土の色も白っぽくなっています
大きく育った苗は耐久力があるのか何とか生きながらえていますが 小さな苗はかわいそうな状態
乾いた土で水も吸い上げられず 息も絶え絶え
畑全体に水撒きをするわけにもいかず 何とか雨が降ってくれるのを祈るばかり
12月1日に行われる箕面市農業祭、「菜の花プロジェクトみのお」は今年も菜の花の苗を配ります。前日の30日、止々呂美の畑にナタネ苗を求めていったのですが、畑はごらんの通りからっから。せっかく植えた苗がかなりのダメージを受けていました。
昨年は10月にほとんど雨が降らず、苗床の苗が生長が遅れ心配しました。
今年は苗床の苗の成長は順調、しかし植え替えてから雨が降りません。
夜露が降りたり、やまぞいではしぐれもあるので、何とか持ちこたえてくれることを祈るしかありません。
自然相手の作業、予期せぬことばかり続き、ただでさえ素人ゆえに苦戦が続いているのですが、それに加えて天候不順、なかなか難しいものです。