ナタネの掃除・・・搾油の準備

 2007年6月23日

ナタネの脱穀が終わり、能勢町の農家のガラスハウスで干してもらっていました。 ナタネを搾油するために殻などのほこりを取り除く必要があります。
扇風機で風を送り、ナタネをパラパラと落としていくと 軽い殻やほこりは遠くへ飛んで、下にはナタネが
快晴でガラスハウスの中はサウナのよう、汗だくになりながらの作業 ごらんのようにきれいになりました。この後、搾油メーカーに送ってナタネ油にしてもらいます。
ちなみに収量はわずか65kg 昨年より減った(>_<)
能勢の田んぼではアイガモ農法が行われています アイガモが田んぼを泳ぎ回るので、泥がかき回され、雑草の生長を押さえることができます。