環境学習会
片山右京 パリダカ参戦の様子

  2007年年5月25日  みのお市民活動センター

「菜の花プロジェクトみのお」の環境学習会、今回はバイオ燃料でパリダカールラリーに参戦した片山右京さんのドキュメント。 チーフプロデューサーの大仲英文さん(大阪産業大学講師)が迫力満点の動画を交えながら語ってくださいました。
元F1レーサーの片山右京さんは大阪産業大学客員教授、大学を挙げて参戦を応援。 ラリーは今年1月、21日間でポルトガルからセネガルまで7900キロを走ります。
学生たちもボランティアで現地まで同行。片山チームを支えました。 BDF100%で挑戦するのはもちろん史上初。「右京の車は天ぷらのにおいがする」と評判に。
砂漠や山岳地帯がほとんどのコース。市街地ではどこも見物人が一杯。 みごと完走! セネガル大統領夫人も特別に記念品を贈呈。
廃食油集めから派遣の準備、ラリーの後方支援など、学生たちも熱心に取り組んだ。バイオ燃料で完走したこともすごいが、学生たちは何かセネガルの人々に貢献したいと、学内に放置された自転車を整備して105台をコンテナで輸送、セネガルの人々にプレゼント。現地で熱心に自転車を組み立てる姿に大統領夫人が感激して学生たちと交流。セネガルのテレビで紹介され、大きな反響が!
とかく冷めた印象の若者、しかし魅力あるプロジェクトに取り組む中で主体的に活動することの面白さを発見。環境問題への取り組みが国際貢献にまで発展した。
片山チームは既に2008年1月、2回目の参戦に向けて準備を開始。詳しくは大阪産業大学のHPで!
http://paris-dakar.osaka-sandai.ac.jp/gallery/top.html