BDF(バイオ燃料)製造工場を見学

  2009年1月16日  

1月16日、大阪府が主催したBDF製造現場見学会に参加。
BDF利用社会実験ということで、府内でのナタネ収穫約6トンから、約2トンの食用油に精油して1回使用後、現在BDFに製造中の近畿興産を見学してきました。
場所は、堺市の海沿いの「大阪エコタウン」にありました。この場所には廃棄物処理・リサイクルの会社が集まっていて、お隣の土地は大阪のごみ埋立地・・。まわりの環境にもキョロキョロしてきました。

製造は大きな機械の中で10時間かけて暖め、化学反応させて、規格に合う成分になるように分解させてBDFにしていきます、との内容でした。時間とコストがかかりたいへんだなーという印象でした。

うれしかったことは、この食用油をモニターとして使用された、富田林市の生協エスコープさんのKさんが、「菜の花プロジェクトみのおのホームページを見ています。おそばを食べたりして楽しそうですね。是非連絡してください。交流しましょう」、とおしゃっていました。
生協とは別に個人的に16家族で会を立ち上げて、河南町で菜の花の栽培をしようとされているそうです。