菜の花収穫祭 ナタネの窄油

  2006年6月24日 箕面市民活動センター

ヴィソラにある「みのお市民活動センター」のロビーをお借りしての収穫祭。花壇やプランターで育て収穫したナタネを持ち寄り搾油しようというイベント。 メンバーが搾油や展示の準備にかかります。受付では自宅で栽培、収穫したナタネの量を計って記録します。
プランターで育てた人はだいたい10gから20g。マンションの花壇で共同栽培した人たちは7kgも持ち込みました。 レンジで2分30秒ほど温めたナタネを搾油機に入れ、ジャッキで圧力をかけていきます。最初は軽いけれど途中から重くなってきます。
それでも続けてジャッキを動かすと、容器の上からジワーッと黄色いナタネ油が染み出してきます。 しかしその量は本当にごくわずかです。果てしなくジャッキを動かしても受け皿に数滴がポトリと垂れるだけ・・・(>_<) 油を絞るのは大変な労力が必要。
止々呂美の畑で採れた玉ねぎも販売しました。市販の1/3ほどの小さな玉ねぎですが、無農薬有機栽培だから安心です。 ナタネ油で揚げたアンダーギーという揚げ菓子も販売。
意外とあっさりしていてとても好評。すぐに売り切れてしまいました。 搾油のほうは朝10時から始めて午後3時ごろまで、果てしなくジャッキを動かしてがんばりましたが、採れたナタネ油はごらんのようにペットボトル1/5ほど。メンバーの女性が試しに使ってみることになりました。
 
これはプランターで栽培した一本の菜の花から収穫したナタネです。数えてみると1157粒ありました。たった一粒からこれだけたくさんの種が採れる・・・自然の力は本当に偉大ですね。

2005年度目次へ HOMEへ